流星ロックマン

流星ロックマンの攻略を考えている方のためのサイトです。
少しでもお役に立てればと思います。

スポンサードリンク

暗号メールをゲットせよ!

『流星のロックマン』の暗号メール、集めるのも大変だね。
たとえば、『流星のロックマン』攻略本その一で手に入れられる暗号は
「ウェーブロードのへいわをまもるのはきみだ!」。

『流星のロックマン』攻略本その二で手に入れられるのは
「ウォーロックとゆうごうしてでんぱへんかんせよ!」。
『流星のロックマン』のウェーブトランサーDX☆からは
「ウェーブトランサーにカードイン!」。

マクドナルドのハッピーセットの『流星のロックマン』の暗号メールは
「でんぱへんかん!ホシカワスバル、オン・エア!!」
「ブラザーバンドでともだちといっしょにつよくなろう!」
「ペガサス・レオ・ドラゴン!どのパワーをえらぶかな?」
・・・ほんと、大変。

そういえば、流星ロックマンの主人公が見につけているトランサーが
子ども向け液晶ゲームになってる。
タッチペンタイプで、
好きなロックマンの育成データを本体へ保存できるバトル液晶ゲーム。

パーソナルカードを差し込んで、4つのモードで遊ぶことができて、
保存したデータは赤外線通信でVSバトルやデータ交換が行える。
装着できるホルダーも販売していて、可愛い。
ちゃんと、ペガサス、レオ、ドラゴンが揃ってるよ。

ワザップ利用術

『流星のロックマン』をいかに攻略するか、色々考えているけど、
このゲームの楽しみの一つに、裏技を見つけて、
その情報を交換し合うということがある。
その楽しみに欠かせないのがワザップだ。

ワザップ(WAZAP)では、
さまざまなゲームの攻略法、裏技、バグなどの情報が、
掲示板形式で公開されている。
裏技や攻略情報に関しては、日本一のサイトだと言ってもいいだろう。

では、ワザップで『流星のロックマン』の裏技情報を見てみよう。
・・・あった・・・『流星のロックマン レオ』の小技・・・
ふむふむ、「タイトル画面のエンブレムをタッチすると内容が出てくる」か。
ただ、これは『流星のロックマン』をやってる人には常識
・・・評価は高くない。
でも、それを見つけてUPした努力と心意気は、高く評価される。

次は何だ・・・『流星のロックマン ペガサス』に関して・・・
これは、キグナス・ウィングEXの居場所を尋ねているんだな・・・
そして、それにレスポンスが付いている。
そう、ここでは自分が見つけた裏技を披露するだけでなく、
知りたいことを質問して他の人に教えてもらう事も出来るんだ。

もちろん、何でもかんでも、安易に質問してはいけない。
自分で、努力に努力を重ねた後、
それでも分からない時は、質問するようにしよう。
それが大人のルール・・・いや、ゲーマーのルールだ。

流星のロックマンのブラザーバンドシステムって発想は凄い!

流星のロックマンのブラザーバンドシステムって、凄くないかい!!
そも、「みんなでつながって遊べる1人用ゲーム」って発想がいいよね。
ともだちをデータ化してバトルに登場させる
なんてことを思いついた流星のロックマンの開発スタッフは凄い。

けど、この流星のロックマンのブラザーバンドシステムのアイデア自体は、
エグゼ3の開発の初期に、すでに出てたんだって。
けど、それを具体的に考えられるようになったのは、
ニンテンドーDSで開発することになったときからなんだって。

つまり、流星のロックマンの基本的コンセプトは、
バトルネットワークってことなんだね。
流星のロックマンでのバトルを通じて、
人と人とがつながり広がるネットワーク、そういうことだね。

なんだか、ワクワクしないか?! そういう世界観ってさ。
そういう世界観で、構築された流星のロックマンってゲームの攻略にさ。

とはいっても、流星のロックマンは、
当然、アクションゲームとしての本質は見失ってないそうだよ。
87年の元祖ロックマンの頃から、
アクションゲームの面白さを追及してきた、
その積み重ねの上に流星のロックマンがあるっていうのが、
流星のロックマンスのタッフの心意気だそうだ。
そりやぁ、良いものが出来るはずだよね(^^)。

君は誰とブラザーバンドを結ぶのか!

『流星のロックマン』などのゲームは諸悪の根源、
みたいな認識をしている大人は少なくないけど、
けっこうゲームを作る連中も、いろんなことを考えている。

案外、ありきたりの価値観を疑う事もなく、
我が価値観だと思い込んでいる大人たちより、
よほど深いことを考えているかもしれない・・・
考えていないかもしれないが(爆)。

たとえば、『流星のロックマン』のシナリオを担当している江口氏は、
こんなことを言っている。

『流星のロックマン』をゲームするとき、
「学校に通わず他人とのふれあいを拒む少年、星河スバルと、
ガサツで乱暴な宇宙人のウォーロック。

そんな2人が一緒に生活し、仲間達と触れ合い、
そして共に困難を乗り越えていく中でどのように成長していくのか?
ちょっと意識して見てもらえるとより深く物語を楽しめると思います」と。

つまり、『流星のロックマン』の楽しみ方は、
単に『流星のロックマン』を攻略するということだけでないのだ。
『流星のロックマン』の世界を通して、いろんなことを感じ知り学べるのだ。

さらに、江口氏は、こんなことも言っている。
「誰にも言えないヒミツをも打ち明けあえる、心から分かり合える友情の絆、
ブラザーバンドは『流星のロックマン』を語る上では
決して外すことの出来ないキーワードです。

ブラザーと一緒なら、どんな苦しい困難も乗り越えられるし、
共に強くなれるはず!
みなさんは、誰とブラザーバンドを結びますか?」と。

さぁ、これでも『流星のロックマン』を否定できるか、大人たちよ。

流星のロックマン公式ゲーム大会『ウェブマスターズ2007春』サイトで確認

流星ロックマンが、2007年12月17日で、誕生20周年を迎える。
その記念として、任天堂DSから「流星のロックマン ペガサス」
「流星のロックマン レオ」「流星のロックマン ドラゴン」の
3タイトルが発売された。

そして、流星のロックマン公式ゲーム大会『ウェブマスターズ2007春』が、
4月15日から開催されている。
この後も、中部地区では5月3日に鈴鹿サーキットで、
関西地区では5月5日の子どもの日にイトーヨーカドー八尾店で、
北海道では5月19日にアリオ内イトーヨーカドー札幌店で、
東北地区は5月13日ジャスコ富谷店で、
関東地区は5月27日イトーヨーカドー新浦安店で開催されるとのこと。
「流星のロックマン」好きは、攻略術を磨いて、参加してみよう!!

クラスは「ウェブマスタークラス」「ギャラクシークラス」と、
「流星のロックマン」に初心者の人でも参加できる
「サテライトビギナーズクラス」があり、
「ウェブマスタークラス」と「ギャラクシークラス」の優勝者は、
夏以降に開催予定の日本一のウェブマスターを決める大会に出場できる。

もちろん、大会に出なくても、会場に行けば
「流星のロックマン」の世界が楽しめる。
コロコロコミック五月号に付いている引き換え券か、
HPで手に入れられる引き換え券を持っていけば、
ダブルロックマンスペシャルノートが貰えるし、
「流星のロックマン」体験コーナーがあって、
体験した人は参加賞も貰えるらしいぞ!!